news blog

NATIVE WORKS.からのお知らせ
<< ◎藍色色展、NATIVE WORKS.の出展作品をご紹介。 | main | ◎NATIVE WORKS SHOP. 8th anniversary! >>
◎旅立ちの日

その日は、あっという間にやってきました。つい先日のこと。
3年間、週3日、ちょっとした縫製、細かな仕事、いろいろ手伝ってくれていた
Kくん夫妻が、故郷の新潟に旅立っていきました。

二人の旅立ちは、本当に寂しいけれど、彼らの夢へ向けての旅立ちを
心から嬉しく思うのです。ガンバレ!

彼らを送り出し、次は私たちの番。
お店の営業も残すところ2ヶ月。
私たちも新たなスタートの為の旅立ちまで、もうひと頑張りです。

今度、彼らと会う時は、きっと同じ立場で語り合えるんだろうな。
その時が来ることを、心から楽しみにしています。


また会う日まで。。。
彼らとの出会いは、今からちょうど5年前。
私たちがNATIVE WORKS. として、はじめて東京で展示会を行った場所。
彼は、そのギャラリー(ショップ)のスタッフでした。
たった3日間の展示会でしたが、打ち合わせから準備、撤収まで、
担当してくれたのがKくんでした。
そして、奥さんのMさんもそこのスタッフでした。

それから、毎年、年に一度東京で展示会を行うようになったのですが、
別のギャラリーでの開催となった、次の年も展示会に二人で来てくれて
すご〜く嬉しかったことを覚えています。

そして、3年半前、突然、彼から作品と履歴書が送られてきました。
同封されていた手紙には、『奈良に来て、私たちのお手伝いがしたい』と。
そして、彼の思いが書き綴られていたのです。
東京で頑張っていた彼らが、縁もゆかりも無いこの奈良に。。。

彼の言葉は、とても嬉しかった。
私たちの展示会で、たくさんのことを感じ取ってくれていたということ、
彼が忘れかけていた、逃げていた、自分の夢にもう一度立ち向かおうとしていること。
それはそれは、涙が出るくらい嬉しいことでした。

でも、私たちにはそんな器も無いし、自信もない。本当に正直困りました。
ウチじゃなくても東京に色んな人がいるんじゃないの?
と、考え直すようにすすめたくらい。

しかし、彼の決意は固く、数ヶ月後、奈良に越してきたのです。

あれから3年。本当にあっという間でしたが、
私たちにとっても、とても充実した3年間でした。

彼らが来てくれたことで、新たに出来たこともあるし、
共通の趣味となったバードウォッチングが切っ掛けで、
トリドリミドリというイベントも開催することも出来た。

彼らにとって、慣れない土地での3年間は、
きっと大変だったと思うけど、
奈良に来て、東京にはない何かを感じ、何かを吸収し、
次へのステップとなっていたらいいな。
私たちの良いところも悪いところも参考にして。
そして、新潟で彼らなりの場所を築きあげてくれたら嬉しいです。


今は、奈良に来てくれたこと、只々、感謝するばかり。
3年間、本当にありがとう。

なんだか、新潟が身近に感じるようになった今日この頃です。
| その他 | 20:03 | - | - |
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile